Blog

どう建てるかは、どう生きるか。

どう建てるかは、どう生きるか。

家づくりを考え出すと『どんな家にしようかな?』と

楽しいイメージがどこまでも膨らんでいくと言うことは

どなたにでもあることだと思うし、

それこそが注文住宅の醍醐味の大きな支柱のひとつだと思います。

 

その家には誰がいて、どんな暮らし向きの生活をイメージするのか

それはとてもとても楽しいことだし、夢の膨らむ時間だとも思います。

 

長く使うものと言うと自動車もそうかもしれませんが

30年とか40年と言う時間軸で考えることって

自動車ではチョットないように思います。

 

そうするとほかにと言うと

結婚指輪とか貴金属かな?

それだったらあるのかも。

男子だったら腕時計を子供にあげる前提で買うとか

そういうことも時間軸がうんと長くなりますね。

 

でも家はもっと具体的で長い時間毎日の生活に深く関わってきます。

 

なので僕なんかは思うのです。

 

どのお客様にも大きな夢とか希望があっての家づくり。

どう家を作るかということは

今後どんな風に生きるのか

という宣言に密接に関連しているって。

 

もちろん誰にだって予算もあるし

実現できること/諦めなくてはならないこと

きっと切り分けの作業は必要だと思います。

 

それでも、そんな風に作り込んでいった家って

想いも深く入るし愛着を持って接する事が出来ると。

 

どうだっていい人生が無いように

適当な家づくりもないと僕たちは思います。

 

家づくりを丁寧にするということは

家の完成後の自分の暮らしを大切にするということになるんだと思います。

 

だから僕たちはひとつひとつの部品も大切に大切にと心がけた家づくり

各パーツの検討→決定とお施主様も大変だと思いますし

各協力業者さんも大変ではあると思いますが

それでもやはり貫いていきたいです。

 

 


 

SNSでもキキの家づくりをたくさんご紹介しております。

よろしければチェック、フォローをお願いします。

 

               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ: 社長
UPDATE: 2019/03/13

三重県で木造注文住宅の新築、リフォームをお考えの方はお気軽にお問合せください

施工エリア:桑名市・いなべ市・木曽岬町・東員町・朝日町・四日市市・川越町・菰野町・鈴鹿市・亀山市・
伊賀市・名張市・津市・松阪市・伊勢市・明和町・多気町・大台町